Sannohe TABI-KIJI Contest 2017

9月15日(金) 記事一般公開開始より 9月27日(水) 特設サイトリニューアルまでの経緯ご説明

今回の事態発生から、特設サイトリニューアルまでの経緯をご説明させていただきます。

■9月15日(金)
17時00分 特設サイト上で記事の一般公開を開始いたしました。
応募者の皆様からご応募いただいた記事を一般公開させていただき、一般投票の実施をSNSなどで告知させていただきました。

17時30分~18時00分 参加者様へメールにて、特設サイトで記事の公開および一般投票審査開始のご連絡をさせていただきました。

22時30分 「記事を公開される旨と、一般投票を行われる旨を聞いていなかった」とのご連絡第一報を頂戴いたしました。

■9月16日(土)
9時30分 事業責任者 齋とプロジェクトリーダー 渡部で状況の把握と協議開始いたしました。
応募時の特設サイト内容を確認しましたところ、ご指摘の通り、
一次審査で一般投票審査を行われる旨の記載が、特設サイト上に掲載されておりませんでした。

そのため、記事の一般公開および投票審査を一時中断をすることにしました。

13時10分 特設サイト上へ、今回の経緯および謝罪を掲載いたしました。

13時15分 コンテストの一次審査で公開された記事の一時非公開手続きを行わせていただきました。

13時30分~50分 謝罪および経緯説明、記事公開可否お伺いのため、下記メールを参加者様へお送りしました。

14時00分 メール返信や電話、SNSのメッセンジャーなどによって公開許可を得た記事の再公開を開始・順次対応させていただきました。

14時15分 Facebook、TwitterなどのSNSでの謝罪および経緯説明をさせていただきました。

——————–
【9月16日(土) 13時30分~50分に送付したメール】

三戸町 旅ライティングコンテストご応募の皆様

『三戸町 旅ライティングコンテスト』の
運営の責任者を行なっております、
株式会社コー・ワークス 取締役の 齋 と申します。

この度はコンテストへの記事のご応募、誠にありがとうございました。

一般審査が始まりました昨日、応募者の方から
「記事を公開される旨と、一般投票で審査を行われる旨を聞いていなかった」との
ご連絡を頂戴いたしました。

応募時の特設サイトの内容を確認したところ、
本審査の説明には「一般投票の審査」の旨の記載が入っておりましたが、
一次審査の説明には「一般投票の審査」の旨の記載が抜けておりました。

私どもの確認ミスでございます。
誠に申し訳ございませんでした。心よりお詫び申し上げます。

今回のご連絡に際し、一度、記事をすべて非公開とさせていただきました。

今後の流れといたしまして、
① 記事の公開の可否をメールにてご返信いただく
② 記事公開をご了承いただいた方の記事から順次、再公開
※ 記事を修正できるのであれば公開しても良い、などございましたら、
その旨、メールにてご連絡いただけますと幸いです。

皆様にはご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。
お手数をおかけしますが、記事公開に関してのご返信をいただけますと幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

*なお、大変恐縮ではございますが、事務所は休日のため社員が不在になっております。
お急ぎでご連絡を希望される場合、
私、齋あてに直接ご連絡をいただけましたら幸いです。

携帯電話の場合: (齋の個人携帯を掲載しました)
facebookメッセンジャーの場合: (齋の個人Facebookメッセンジャーを掲載しました)

————————————————–

ログインフォームはこちら

ログイン

不明点などございましたら、ご連絡ください。
引き続きどうぞ、よろしくお願いいたします。

———————————–
株式会社コー・ワークス -CO-Works Ltd.-

三戸町 旅ライティングコンテスト
mail:info@sannohe-tabikiji.com
コンテストURL:http://sannohe-tabikiji.com/
企業URL :http://www.co-works.co.jp/
TEL :022-221-4902 FAX :022-399-7396
——————–

以上が、9月16日(土)に送付させていただいたメールとなります。

■9月16~20日 特設サイトの詳細調査および、今後の仕様変更について、三戸町・協力会社・特別審査員との協議を開始しました。

16日にお送りしたメールへご返信いただき、記事の公開許可をいただいた方の記事から順次、再公開手続きを行わせていただきました。
また、多くの参加者様より
「記事が公開されるとは思わなかったので、公開用に修正を行いたい」
「公開を前提に書いた記事ではないので、非公開にしてもらいたい」
「SNSを利用した一般投票審査は不要なのではないか」
「非公開希望の人がいる場合、一般投票審査の実施は公正性に欠けるのではないか」
などのご意見を頂戴しました。

そこで、
①記事を修正希望の方は、修正いただいてから公開させていただく
②記事を非公開希望の方の記事は公開せず、審査に参加していただく
とさせていただきました。

また、特設サイトの詳細調査を行った結果、
16日時点で判明していた「一般投票審査の説明」をはじめとして、
・ご応募いただいた一次審査記事の取り扱いに関する説明(一般公開を行う説明)
・一次審査の審査基準や審査方法の説明(一般投票と地元審査員・特別審査員の投票の合算で評価する説明)
・本審査には、一次審査通過者5名の他に、推薦枠2名が参加する旨の説明(協力企業2社からの推薦者2名)
の以上3点が記載されていないことを確認しました。

参加者の皆様のおっしゃる通り、現状の審査方法のままでは公正性に欠けるものとなってしまうため、
今後の審査方法に関しての詳細な協議を進めて参りました。

■9月21日(木) 変更予定の審査仕様を、参加者様にメールにてご連絡させていただきました。

16~20日まで検討・協議を進めてきた審査仕様の変更に関して、主催の三戸町様の決定を待つ状態となりましたため、
参加者の皆様へ、メールにて事前に情報の共有を行わせていただきました。

審査仕様の変更点は下記の内容となっています。
①ご応募いただいた一次選考用の記事は、「公開・非公開を問わず、全て一次審査の対象とする」こと
②一次審査、および本審査での審査方法は、「地元審査員と特別審査員のみでの審査投票」に変更すること
③SNSでのシェア数・いいね数の合計数による『たくさん紹介してくれてありがとう賞(仮)』の新設
④特設サイトの改修

また、「公開されると思わなかったので、公開用に修正を行いたい」というご意見を多数頂戴しておりましたので、
9月26日(火)までを期限として修正期間を設けさせていただきました。

——————–
【9月21日(木)に送付させていただいたメール】

三戸町 旅ライティングコンテストご応募の皆様

『三戸町 旅ライティングコンテスト』を運営しております、
株式会社コー・ワークス 取締役 齋でございます。

ご連絡が遅くなり申し訳ございません。

また、この度は、弊社の不手際により大変ご迷惑をお掛けしてしまっておりますこと、
改めて深くお詫び申し上げます。

9月16日に皆様にメールをお送りしたのち、状況調査を行なったところ、
「一般投票審査」の旨の記載だけではなく、
・ご応募いただいた一次審査記事の取り扱いに関する説明(一般公開を行う説明)
・一次審査の審査基準や審査方法の説明(一般投票と地元審査員・特別審査員の投票の合算で評価する説明)
・本審査には、一次審査通過者5名の他に、推薦枠2名が参加する旨の説明(協力企業2社からの推薦者2名)
の以上三点が、特設サイト上に掲載されておりませんでした。

原因としては、複数の技術・手順・運用などのミスが重なったもでしたが、
根本としては運営体制の不備であると考えております。
本当に申し訳ございません。

また、このような状況にも関わらず、
皆様よりご返信を頂戴しており、大変ありがたく存じます。

9月16日より三戸町様と弊社にて協議を続けております今後の審査方法・運営に関しまして、
現在協議中の内容ではございますが、参加者の皆様に情報を共有させていただきたいと思います。
主催の三戸町様との最終調整を行なっており、
早ければ、明日中に正式にご連絡が可能かと思います。

この度多くの参加者の方よりお叱りやご意見、また励ましのお言葉を頂戴しております。
誠にありがとうございます。
皆様からのご意見を真摯に受け止め、今後の審査方法・運営を検討して参りました。
現在、下記の内容で主催の三戸町様と協議を進めております。

①ご応募いただいた一次選考用の記事は、「公開・非公開を問わず、全て一次審査の対象とする」こと
②一次審査、および本審査での審査方法は、「地元審査員と特別審査員のみでの審査投票」に変更すること
③SNSでのシェア数・いいね数の合計数による『たくさん紹介してくれてありがとう賞(仮)』の新設
④特設サイトの改修

——————————-
それぞれ、詳細を説明させていただきたいと思います。

①ご応募いただいた一次選考用の記事は、「公開・非公開を問わず、全て一次審査の対象とする」こと
9月16日より皆様に記事公開の可否をお伺いしておりますが、非公開のまま審査を受けたいとのご希望もいただきました。
募集時の特設サイトを見る限り「地元審査員と一般審査員のみによる審査」と読み取れますので、このご希望は当然でございます。
また、まだ公開の可否のご連絡をいただけていない参加者の方もいらっしゃいます。

そのため、記事の一般公開を希望しない場合も含め、現在ご応募いただいているすべての記事を対象として
一次審査を実施させていただきたく存じます。

現在、ご連絡いただいた記事から順次一般公開を行わせていただいておりますが、
再度修正をご希望される場合や、修正後の再公開をご希望の場合(修正をされますと自動的に非公開になります)は
9月26日までにご対応いただき、info@sannohe-tabikiji.comまで
ご連絡を頂戴できますと幸いでございます。

お忙しいところ何度もお手数をお掛けして申し訳ございませんが、
何卒よろしくお願い申し上げます。

②一次審査、および本審査での審査方法は、「地元審査員と特別審査員のみでの審査投票」に変更すること
上記①を実施するにあたり、予定をしていた「一般投票順位の結果」を審査に含めることができなくなります。
そのため、地元審査員(10名)と特別審査員(1名)による審査とさせていただきたく存じます。
記事のシェア・いいね・ツイートボタンは継続して表示(理由は下記③に記載)させていただきますが、
それらの数は一次審査へは影響いたしません。

③SNSでのシェア数・いいね数による『たくさん紹介してくれてありがとう賞(仮)』の新設
上記①②を実施するにあたり、SNSでのシェア・いいね・ツイート数の合計数順位による「一般投票順位の結果」を
審査に含めることができなくなります。
ですがその場合、9月15日の公開時より積極的にご自身の記事の紹介をしていただいた方や
それに参加してくださいました一般の方々のお気持ちを無にしてしまいます。それは避けなければいけないと考えております。

記事をシェアしていただき、いいねボタンを押していただくことは、
三戸町に関する記事が多くの方の目に留まることになり、三戸町の周知・PRに繋がることであると考えております。
そのため当初より、応募いただいた記事の一般公開と投票という仕組みをコンテストに組み込み、
応募者の方や一般の方にも楽しんで頂きながらコンテストを実施していこうと考えでありました。
しかし、それに関する事前の説明が欠落していたために、皆様にこのようなご迷惑をお掛けしてしまうこととなりました。
改めてお詫び申し上げます。申し訳ございません。

本コンテストは、「参加してくださるライター様の記事を通じて、多くの方に三戸町を知っていただきたい」
という主旨から開催されております。
そこで今回、記事を多くの方にシェアしていただき、多くの方に読んでいただけた記事を、
「三戸町のPRに貢献してくださった記事」として、感謝の気持ちを込めた賞を新設したいと考えております。
具体的には、12月22日までのシェア・いいね・ツイートの合計数をカウントし、合計数が多い上位3名の方を
入賞とし、賞金をご提供する予定でございます。
※現在、既にカウントされているシェア・いいね・ツイート数もカウント対象となります。
※この賞は一次審査の審査や、本審査での審査に影響することは一切ございません。

この賞は、一次審査・本審査とは異なる審査方法・目的で新設される賞のため、
本審査入賞者も重複して受賞することが可能な賞となります。

④特設サイトの改修
上記①②③を実施するにあたり、特設サイトを改修いたします。
情報を適切にわかりやすく提示することはもちろん、一般の方も投票に参加していただきやすいものにいたします。
当然ですが、これまでの経緯と「募集時の特設サイト」「現在表示されている特設サイト」も
改変なくリンクさせていただきます。

■今後のコンテスト実施スケジュール(本日現在の予定)
現在~9月26日:一次審査記事の公開はご了承いただいた方のみ、順次公開
※公開可否は一次審査に影響はございません。
●9月27日~10月10日:一次審査期間 地元審査員と特別審査員による審査
●10月12日:一次審査結果発表 特設サイト上にて氏名(ハンドルネーム可)と記事を公開させていただきます。
※記事の非公開を希望されていらっしゃる場合、別途ご相談させていただきます。
●10月24日~11月30日:本審査記事の執筆期間 三戸町に滞在し、本審査の記事を執筆していただきます。
※滞在期間は一次審査の結果発表後、一次審査通過者と個別にご相談させていただきます。
●12月1日~12月22日:本審査期間 審査員による点数投票のみで審査
●2018年1月15日:本審査の結果発表 特設サイト上にて氏名(ハンドルネーム可)と記事を公開

以上が、現時点で協議しております今後の審査方法・運営に関する内容でございます。
今後の審査方法・運営に関しまして、不明点やご意見などございましたら、

株式会社コー・ワークス 仙台本社
受付時間: 9:00〜18:00
電話  : 022-221-4902
メール : info@sannohe-tabikiji.com
担当  : 渡部・齋 宛て
※9/16以前にお送りしていたメールに記載されていました弊社電話番号が間違っておりました。
申し訳ございません。
※東京支社は、支社社員が常駐ではなくなったため(テレワークなど)、固定電話を解約しておりました。
弊社ウェブサイトに表記されたままとなっておりました。
重ね重ね、申し訳ございません。

18:00以降にお電話をいただく場合は、
齋の個人携帯電話にてご対応させていただきます。
(齋の個人携帯を掲載しました)

改めまして、この度はご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございません。
そして、ご迷惑をお掛けしているところ誠に勝手なお願いではございますが、
本コンテストを通じて三戸町を盛り上げ、PRしていくために、
今後とも皆様のお力をお借りできますと幸いでございます。

何卒、よろしくお願い申し上げます。
——————–

以上が、9月21日(木)に送付させていただいたメールとなります。

■9月22日(金) 審査仕様変更の一部改善を行い、今後の審査・運営方法を決定いたしました。

前日21日(木)にお送りしたメールの審査仕様変更に関して、参加者様より
「26日まで記事修正を行えるのでは、審査の公正性が失われるのではないか」
「記事の公開後に修正ができることで、記事を模倣される可能性があるのではないか」
「本審査において、三戸町に滞在後の執筆期間を一定にしないと公正性が保てない」
との、ご意見を頂戴しました。
頂戴したご意見はもっともであり、仕様変更の検討段階で気付くべきところでございました。
ご指摘いただいた点の審査仕様を一部改善させていただきました。

22日時点で改善した内容は下記の2点となります。
①公開用の記事修正は26日(火)まで可とし、審査用に審査員へ提供する記事は、締め切りの9月11日(月)時点の記事とします。
②修正を行われた記事は、都度運営側の社員にて確認を行い、確認後に再公開を行います。
③本審査の執筆期間が公平になるよう、宿泊最終日の翌日から数えて10日と設定いたしました。

■同日22日、主催の三戸町様より審査仕様変更決定のお返事をいただきました。
参加者様へ、一部内容を改めた審査仕様で決定となった旨を、下記メールにてご連絡させていただきました。

——————–
【9月22日(金)に送らせていただいたメール】

三戸町 旅ライティングコンテストご応募の皆様

『三戸町 旅ライティングコンテスト』を運営しております、
株式会社コー・ワークスの齋でございます。

この度は、弊社の不手際により大変ご迷惑をお掛けしてしまっておりますこと、
改めて深くお詫び申し上げます。

早速ではございますが、今後の審査方法および運営方法の引き続きのご報告で
連日ながら、ご連絡させていただきました。

昨日皆様にご連絡差し上げた、今後の審査方法および運営につきまして、
参加者の皆様より今後の審査方法および運営についてのご意見を頂戴致しました。
その内容を三戸町様と弊社にて協議し、皆様にご納得いただける内容となるよう改めました。

まず、昨日のメールに対し、参加者様より複数のご意見を頂戴しており、
審査方法に関して、下記内容への変更・追加を行いました。

①「一次審査の対象となる記事」は当初の締め切りであった9月11日時点の記事とし、「公開させていただく記事」は9月26日までに修正いただいた記事といたします。
②『たくさん紹介してくれてありがとう賞』の入賞枠を増やし、賞金・賞品を設定しました。
③本審査終了後に開催を予定していた『表彰式』を『結果発表式』に変更させていただきます。
④一次審査期間の開始(9月27日)以降のスケジュールの再調整を行いました。
⑤特設サイトのリニューアルを9月27日に行います。

①「一次審査の対象となる記事」は当初の締め切りであった9月11日時点の記事とし、「公開させていただく記事」は9月26日までに修正いただいた記事といたします。
『9月11日に締め切られている記事はもともと審査員に審査されるための記事であるのだから、再度26日まで修正を行った記事で、審査員審査をする必要はない。
逆に、再度26日まで修正を行った記事で審査員審査を行うことは、他の記事を参考にし変更も加えることができるため公正性に欠けるのではないか』
とのご意見を頂戴しております。
おっしゃる通り、一度審査開始として締め切らせていただいたままで公開されている記事と、
再度修正を行われている記事とが混在することは、公正性に欠ける可能性があると考えられます。

そのため、「一次審査の対象となる記事」は9月11日時点で応募いただいていた内容の記事とさせていただき、
「一般に公開させていただく記事」は、9月26日までに修正いただいた記事とさせていただきたいます。

審査員審査用の記事については、ご応募していただいたシステム上には更新履歴が全て残っておりますため、
9月11日時点のものを復元し、審査員の方々に審査用記事としてご提供いたします。
※この記事は公開されず、審査員のみが閲覧可能となります。
※皆様からの特別な操作・記事の再投稿などは不要でございます。

また、『一般公開用だからといって、記事の修正を認めると、すでに公開されている他の記事を模倣したものになる可能性がある』
というご懸念もいただきました。
ないかとは思いますが、確かにその可能性は出てまいりますので、9月26日以降に当社社員にて内容の確認を実施いたします。
更新履歴は日時を含め全て残っておりますので、問題があった場合は、個別にご対応させていただきます。

②『たくさん紹介してくれてありがとう賞』の入賞枠を増やし、賞金・商品を設定しました。
昨日お送りしたメール上では、『たくさん紹介してくれてありがとう賞』は3名、
と記載しておりましたが、SNSシェア・いいね・ツイート数が多い、上位10名の方を入賞とし、
賞金または賞品を贈呈いたします。
合計数が多い方から順に
1位〜3位の方に、感謝賞金1万円+5千円相当の三戸町特産品。
4位〜10位の方に、3千円相当の三戸町特産品。

③本審査終了後に開催を予定していた『表彰式』を『結果発表式』に変更させていただきます。
顔を出したくないというお声を一定数頂いていることから、『表彰式』を『結果発表式』に変更させていただきます。
本審査終了時、各賞を受賞された方のご希望によって、顔写真などの掲載など、個別にご相談させていただき、対応致します。

④一次審査期間の開始(9月27日)以降のスケジュールの再調整を行いました。
この度の当社の不手際で進行遅延が発生しました。誠に申し訳ございません。
また、昨日のメールへのご意見として「本審査において、三戸町に滞在後の執筆期間を一定にしないと公平性が保てない」というご意見をいただきました。
おっしゃる通りで、当社の思慮が足りませんでした。大変申し訳ございません。
執筆期間を宿泊最終日の翌日から数えて10日間と設定させていただき、10日後にフォームよりご投稿していただくスケジュールとさせていただきました。
執筆期間が長くはないかと思いますが、宿泊施設と審査開始日の都合上、10日とさせていただきました。
何卒ご了承いただけますと幸いです。

⑤特設サイトのリニューアルを9月27日に行います。
公開記事の修正締め切りが9月26日となりますので、翌日、特設サイトのリニューアルを行います。
昨日のメールの繰り返しとはなりますが、
情報を適切にわかりやすく提示することはもちろん、一般の方も投票に参加していただきやすいものにいたします。
当然ですが、これまでの経緯と「募集時の特設サイト」「現在表示されている特設サイト」も改変なくリンクさせていただきます。

また、上記のご意見も含め、本コンテストの一次審査と本審査の内容がそもそも分かりにくい、
というお話を頂戴しました。重ねてお詫び申し上げます。

下記にて、上記変更内容を反映の上、記載させていただきます。

●一次審査(予選)
・テーマ :『だから、三戸町に行ってみたい。』
・内容  :上記をテーマに400~1,500文字で記事を作成し、応募フォームから応募していただく。
・応募期間:8/28〜9/11
・審査期間:(新) 9/27〜10/10 /(旧 9/15〜29)
・結果発表:(新)10/12 / (旧 10/6)
・参加資格:プロ・アマ問わず誰でも。
一次審査を勝ち残った場合に三戸町への旅(移動と宿泊)が可能な人。
・審査方法:(新)地元審査員と特別審査員による投票に変更/(旧:地元審査員と特別審査員による投票と一般公開による一般審査員からの投票)
・一次審査で得るもの:上位5名に本審査への出場資格。

*結果発表後、本審査への出場の意思確認と、宿泊スケジュールの調整を行わせていただきます。
本審査への出場を棄権された方が出た場合、6位以下の方が繰り上げで出場資格を取得できることとなり、順にご相談させていただきます。

●本審査
・テーマ:『三戸町に旅をしたくなる記事』
・内容 :一次審査通過者5名と、協力企業推薦枠の2名(株式会社LIG様より1名、株式会社SAGOJO様より1名)の合計7名の方に、
実際に今年の10月24日~29日・11月7日〜11月30日の期間で1泊2日以上三戸町へ旅をしていただき、
その体験をもとに、上記をテーマに沿って記事を作成していただきます。その記事を本審査用記事としてご提出いただきます。
記事の作成、ご提出方法は、一次審査応募フォームと同様です。
字数はお任せとなっておりますが、webサイト場で公開される記事としての構成をお願いいたします。
執筆していただいた記事は、審査結果の発表までは一般公開致しませんが、
発表後は特設サイト、および三戸町様ホームページなどに掲載させていただきます。予めご了承ください。
・滞在期間:10/24〜29, 11/7〜11/30(昨日のメールで10/24〜11/30と誤って記載してしまいました。申し訳ございません)
・執筆期間:(新)宿泊最終日の翌日から数えて10日間。(例:11/30まで滞在された方は、12/10まで)(旧:11/30)
・審査期間:(新)12/11〜1/30(旧:12/1〜12/22)
・結果発表:(新)2018/2/1
・参加資格:一次審査(予選)を勝ち残った人。三戸町への旅(移動と宿泊)が可能な人。
・審査方法:(新)地元審査員と特別審査員による投票に変更/(旧:地元審査員と特別審査員による投票と一般公開による一般審査員からの投票)
・本審査で得るもの:参加者全員に、参加していただくための三戸町までの移動交通費往復分(上限8万円)と三戸町お試し住宅での宿泊。
本審査で3名を選出し、大賞には賞金20万円、特別審査員賞には賞金10万円、地元企業賞として5万円分の三戸町特産品を贈呈。
【ご相談】追加で「地元高校賞(仮)」を新設のご相談をいただいております。(贈呈品は協議中)
一次予選通過後にご執筆いただく本審査記事を対象として、授業を通して記事を読み、当該賞を選出するというものです。
すでにご提示している地元審査員と一般審査員の方以外への審査結果発表前の一部公開となってしまいますが、
ご了承いただけましたら幸いです。

●新設:『たくさん紹介してくれてありがとう賞』
・テーマ:一次審査と同様
・内容 :一次予選にご応募いただいたき、公開のご了承、公開のご修正をいただいた記事において、
SNSシェア・いいね・ツイート数が多い記事をご投稿いただいた上位10名の方を入賞とし、
三戸町のPRにご協力していただいた感謝の賞を送ります。
・応募期間:8/28〜9/11
・修正期間:9/16〜9/26
・審査期間:9/15〜1/30
・結果発表:2018/2/1
・参加資格:一次予選にご応募いただいた方で、記事を公開していただいた方。
・審査方法:SNSシェア・いいね・ツイート数の合計数。
・一次審査で得るもの:1位〜3位の方一律:感謝賞金1万円および5千円相当の三戸町特産品を贈呈。4位〜10位の方一律:3千円相当の三戸町特産品を贈呈。
※9月15日時点で既に記事にいいねをつけてくださったり、記事をシェアをしてくださっている方がいらっしゃるため、
すべての方のシェア・いいね数を対象とさせていただきたく、審査期間を9月15日からとさせていただきました。
修正期間と重複しておりますが、ご理解・ご了承いただけますと幸いです。
※一般公開された記事は3/31まで公開させていただきます。
その後の記事の公開の可否(例えば、三戸町様のwebサイト内での掲載)などは、別途ご相談させていただきます。

以上が、本コンテストの一次審査と本審査の今後の内容でとなります。
スケジュールに関しましては、以上の内容で決定とさせていただき、
今後の審査方法・運営に関しまして、不明点などがございましたら、ご連絡いただけましたら幸いです。

株式会社コー・ワークス 仙台本社
受付時間: 9:00〜18:00
電話  : 022-221-4902
メール : info@sannohe-tabikiji.com
担当  : 渡部・齋 宛て
※9/16以前にお送りしていたメールに記載されていました弊社電話番号が間違っておりました。
申し訳ございません。
※東京支社は、支社社員が常駐ではなくなったため(テレワークなど)、固定電話を解約しておりました。
弊社ウェブサイトに表記されたままとなっておりました。
重ね重ね、申し訳ございません。

土曜日・日曜日にご連絡をご希望の方は、
齋の個人携帯電話にてご対応させていただきます。
(齋の個人携帯を掲載しました)

改めまして、この度はご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございません。

そして、ご迷惑をお掛けしているところ誠に勝手なお願いではございますが、
本コンテストを通じて三戸町を盛り上げ、PRしていくために、
今後とも皆様のお力をお借りできますと幸いでございます。

何卒、よろしくお願い申し上げます。
——————–

以上が、9月22日(金)に送付させていただいたメールとなります。

引き続き、参加者の方からの問い合わせ対応および、リニューアルサイトの開発など、9月27日(水)の特設サイト公開、スケジュール変更後の一次審査開始までの準備を進めて参りました。

■9月27日(水) 特設サイトをリニューアルしました。

9月22日(金)の審査仕様変更に伴い、特設サイトをリニューアルさせていただきました。
この度は、運営側の不手際により、情報の掲載不備、審査方法やスケジュールの変更が発生し、大変なご迷惑をお掛けしてしまうこととなりました。改めてお詫び申し上げます。

運営側での運営体制を見直し、同様の不手際が発生しないよう、運営に努めて参ります。
今後の特設サイト運営についても、皆様に正しく情報が伝わる、わかりやすい特設サイトを心がけて参ります。

運営に関するご意見やお問合せは、info@sannohe-tabikiji.comまでご連絡いただけますと幸いです。

何卒、よろしくお願い申し上げます。