個性になる町

Where are you from?
そう聞かれてあなたは何て答えるだろう?

私は大学3年の時、フランス語の勉強も兼ねて1か月の短期留学へ行ったことがある。

フランス・パリから車で2時間ほど離れたアンジェというところ。

昔、都市として栄えた名残で立派な城が市内に残っていたが、今ではきちんと整備され、

なかは花がたくさん植えられ、観光名所となっていた。

多くの川が流れるこの地は、ワイン造りが盛んに行われ、

“Rose d’ange”といって、アンジェという地名がワイン名に入るほど、ロゼワインが有名なところだ。

私がお世話になったホームステイ先では、常に辞書を片手に会話していた。

それくらいコミュニケーションが上手くとれていなかった。

そんなある日、ホストファミリーが「あなたの生まれたところはどんなところなの?」と聞いてきた。

私は知っている単語をつなぎに合わせて、自分なりに説明したもののいまいち伝わらなかったようで、

私はグーグルマップのストリートビューで自分の家を見せてあげた。

私の出身地“群馬県渋川市”は伊香保温泉があるくらいで、

家の前には田んぼが広がり、ほかは山に囲まれた正直“何もないところ”だ。

だけど、マリーの反応は全然違った。

「なんてすばらしい所なの!?」と驚いてくれて、「ここへ行くには東京からどのくらいかかるの?」

「何か有名なスポットはあるの?」と興味をもってくれたのだ。

この機会ではじめて私は三戸町のことを知ることができた。

たしかに“何もないところ”かもしれない。

でも人によってはすばらしいところだと思う人もいる。

見て、経験して、三戸町に住む人たちと話して、それを伝えたい。

 

Where are you from?

そう聞かれて、『東京』って答える人はどのくらいいるだろう?
今、東京の人口は約1300万人。日本の総人口の10%を占めるらしい。

その答えが個性になる町
だから、三戸町に行ってみたい。

    「三戸町に行ってみたい!」と思ったら記事をいいね!&シェアして三戸町を紹介してください!