へー!へー!三戸!

長きにわたって愛される「11ぴきのねこ」

みなさんは「11ぴきのねこ」をご存知ですか?

小さいころに読んだり、まさに今お子さんに読み聞かせされているお母さんもいらっしゃるかもしれませんね。
日本の漫画家・絵本作家である、馬場のぼるさん著作による、言わずとしれた絵本シリーズです。

そしてなんと、今年で誕生50周年とのこと!
これだけ長きにわたり、変わらず子どもたちに愛され続けているのは本当にすごいですね。

この記念すべき年に、作者である馬場のぼるさんの出身地、青森県の「三戸町」が盛り上がりを見せているそうです。
町のポータルサイトがあるので見てみると、さっそくいました。

 

メイン写真にドーン!

写真の下にも「おんでニャさいと」とあり、クリックしてみると、移住定住促進ポータルサイトにジャンプしました。
こちらはローディング画面が超かわいい!

めっちゃ素敵にゃん!

続いて、町の公式ツイッターで情報発信もされているので見てみます。


こちらには、催し物などの関連情報が目白押しです!

●フォトコンテスト
●ラッピングバス
●絵本出版社「こぐま社」の創業者、現・相談役の佐藤英和さんによる特別講演会
●仮装大会
●ふるさと納税お礼品は「11ぴきのねこ」特大ぬいぐるみ
●グラニフとのコラボTシャツ
などなど

どこまでも、地元の方々の想いがダダ漏れでございます!

もぅっ、愛がすごいわ!!

 


■色々気になる「三戸町」

ところでこの三戸町、いったいどんな町なんだろう?
11ぴきのねこ」での盛り上がりはよく分かったけど、それ以外に何が有名なのかな?

失礼ながら私、この地名を初めて聞きました、はい。
朝市や港町で有名な「八戸」なら知っているけど、関係あるのかなぁ?

調べてみると、青森県の南部、岩手県と秋田県の境に位置しており、八戸も近いみたい。
他にも○戸とつく町がいくつかあって、その中のひとつなんですね!知らなかった!

へぇー!へぇー!

へぇ〜。

さんのへ。

町の人口は約10,000人。
コンビニやスーパーもあるようですが、それなりに距離があるので、車や自転車は必須とのこと。

う〜ん。
まだ情景が浮かばんので、Googleの画像検索窓に「三戸町」と入力してみるとこんな感じでした。


※人物を含む画像は、プライバシー保護のため、グレーにしております。

 

誰もいない道路や、低い建物の奥には美しい山々、学生の掃除風景に、地域の方々の集合写真など
なんとも穏やかな、ホッとするものがありますね。

ま、恐らくは
田舎
なのでしょう。(ごめんなさい…。)

 

でもね、町の公式ツイッターに、何とも素敵な書き込みを見つけましたよ。


いわゆる迷い犬ってやつですな。
昔は近所の飼い犬が迷子になっちゃったから、協力して探しましょう。という事もあったけど、いつの間にかあんまり聞かなくなった。

都会では近所付き合いが希薄になったとか言われる中、現代のツールを通じて、町というコミュニティが確立されている事にグッときました。

そしてさらに、後日こんな書き込みが!


アメージング!!
本当によかったー!

他にも個人的に気になったのが、三戸町には「ラジコン公園」なる場所があるそう!
ネーミングからしてワクワクしますよね!
めちゃそそられる!

もちろん外からでは分からない、田舎暮らしならではの悩みや、問題もあるかもしれないけれど、この町にはまだまだ面白いものがありそう!

もっと深掘りしてみたいと思わせてくれる町!

何はともあれ、この目で確かめねば!

だから、三戸町に行ってみたい。

    「三戸町に行ってみたい!」と思ったら記事をいいね!&シェアして三戸町を紹介してください!