書きたい記事は決めている!だから私が三戸町に行きたい

【初めて知った三戸町が面白い!】

青森県の南端に位置する「三戸町」を私は初めて知りました。「さんのへ」という読み方も。

旅ライティングコンテストというイベントを町をあげて開催という、なんて面白い企画なんだろうと胸が高鳴りました。そして「行けるチャンスがあるなら、チャンスを掴み取りたい!」という思いがこみ上げてきたのです。

有名処を巡る観光はしたことがあっても、「旅」といえるような旅をしたことがありません。だからこそ、想像が膨らみ「こういうことがしてみたい!」と思いが熱くなります。

 

【私が書きたい三戸町の記事】

私が「旅ライティングコンテスト」に参加できるなら、書きたいことがあります。

それは「さんのへ」という町名にちなんで、3つの「へぇ〜」と心動かされるような”気付き”をテーマにした記事を書きたいと考えています。大まかなタイトルは「三戸町(さんのへまち)で見つけた3つのへぇ〜」というような感じにしたいです。その狙いとして、ダジャレのような感じが印象に残るのではないかと考えたからです。

私自身、恥ずかしながら「さんのへ」と読むことができず、「みと」と間違えて読んでしまいました。他にもそのように読んでいる人がいたので、町名と読み方が一致していない人が多いのではないかと思いました。

人は目で見て、耳で聞いて、言葉で発することにより記憶力も上がります。したがって、読み方も合わせて覚えてもらうとより身近に感じてもらうことができると思います。

 

今回のコンテストでの滞在で”気付き”を集めて、この町の魅力を多くの人に知ってもらい、移住希望者だけでなく、訪れてみたいというファンを増やすことにもつなげていきたいです。書きたい記事も、タイトルも、テーマも決まっていて、あとは内容がないようなので、滞在して町の魅力を肌で感じてフレッシュな記事を届けたいです。

「だから、三戸町に行ってみたい」

    「三戸町に行ってみたい!」と思ったら記事をいいね!&シェアして三戸町を紹介してください!