ドバイとアラスカみたいな歴史的気温を持つ、生きた11ぴきのねこのテーマパーク、青森県三戸町に行ってみたい!

— 三戸町って?

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

りんごの国、青森県は三戸町。数字で順番に一、二の三戸(さんのへ)と覚えていただければ、忘れることはないでしょう。岩手県と秋田県の境に位置します。東北ですが、1999年に最高気温37度を記録し、最低気温は1976年に-20度を記録したこともあります。ドバイとアラスカのような気候を経験してる町なんですね。例年の平均低温は冬で-5度程度、夏の平均高温は27度ですのでご安心ください。(それでも寒い)寒暖の差は激しい地域ですがこれは悪いことばかりではありません。https://www.facebook.com/Sannohe.Nyago/photos/a.239417236155784.50196.239372499493591/1028236977273802/?type=3&theater

 

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

この寒暖の差こそ、おいしいおいしい

蜜のつまったりんご

が生まれるんですよ。

そんな三戸町ではこんなユニークな政策実施中!

りんごの木のオーナーになる

あ、宣伝になってしまいましたので、話題を戻します。https://www.facebook.com/Sannohe.Nyago/photos/a.239417236155784.50196.239372499493591/1066511880112978/?type=3&theater

おいしいりんご!それだけではありません。

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

「三戸町には、おいしいフルーツがたくさんあるにゃご!」

おや、写真左上から声が。

— にゃご?11ぴきのねこの町、三戸(さんのへ)町とは

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

にゃご?なんのことやらとお思いの方もいるかもですが、これはこの町で欠かせないキャラクター11ぴきのねこの鳴き声。三戸町出身の絵本作家馬場のぼるさんによるロングセラー作品の中の人気キャラクターです。

とにかくこのねこたちは、三戸町では、もの凄い活躍っぷりなのです。https://www.facebook.com/Sannohe.Nyago/photos/a.1062258883871611.1073741825.239372499493591/1186854938078671/?type=3&theater

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/mediahttps://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

大変です。本日、三戸町の最高気温は36.0℃の予報です (@_@)みなさん、水分補給はしっかりと!ねこは、ご覧のとおり水筒を持ちました。

三戸町(公式)青森県さんのへまちさんの投稿 2016年8月4日

 

三戸町の観光スポットアップルドームにて。おや?右の写真では何かを持っていますね。クリックして拡大してみましょう!なんと水筒をもって熱中症にならないよう水分補給をするよう呼びかけてくれているんです。

 

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

町のいたるところで見かけた際は

一応数えてみてください。

 

11ぴきいるんです。

それはいいか。

/www.facebook.com/Sannohe.Nyago/photos/a.1062258883871611.1073741825.239372499493591/1203568236407341/?type=3&theater

バス停の前でバスを待っていると…

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

ねこバスだー!

 

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

 

と思いきや、

本人(本猫)も登場!

三戸町(公式)青森県さんのへまちさんの投稿 2017年3月31日

 

 

 

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

え!!!

 

三戸町(公式)青森県さんのへまちさんの投稿 2016年9月29日

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

 

 

 

めっちゃ

働いてるじゃないですか!

 

 

 

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

 

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

三戸町(公式)青森県さんのへまちさんの投稿 2017年7月21日

追加情報、バスはもう一台あります。

いきなりのねこの登場、

というか普通に働いてることに驚きですよね。

まだまだこんなもんじゃありません!

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

 

 

 

 

ミャン…のへ?

 

 

 

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

 

 

 

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

 

 

郵便局の様子がおかしいので、

とりあえず中へ入ってみましょう。

あらかわいい。

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

 

 

 

 

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

 

 

 

!!!

 

ねこが局長

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

 

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

 

 

 

スーパーのお惣菜売り場では

 

 

コロッケ作ってました!

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

 

 

 

 

 

 

 

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

 

 

イベントでは

ブドップルサイーダーのPR!

手で隠れてよく見えないです。https://www.facebook.com/Sannohe.Nyago/photos/a.1062258883871611.1073741825.239372499493591/1305924062838424/?type=3&theater

 

 

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

 

 

記者会見にも欠かさず出席!

いわば

三戸町のインフルエンサー

なのです。

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

いやー、ねこさんたち、働きすぎじゃないですかー?

「大丈夫にゃご」https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

頑張る三戸町の職員の背中を支えているのもねこたち。過労をも心配する活躍っぷりではありますが、11ぴきみんなで力を合わせているから大丈夫なんですね。

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

— 大盛況に終わった!気球イベント@城山公園

2017年8月に開催された「11ぴきのねこ空の旅。熱気球で大空へ」という気球イベントには多くの参加者が集いました。残念ながら最後の20名ほど乗ることができませんでしたが、せっかく三戸町に訪れてくれたんですもの、

「来年も開催してくれるにゃごね?松尾町長。」

戦国時代に栄えた三戸城の城下町を思いながら上空から眺めてみましょう。これほどの贅沢はありませんよね。

(写真筆者友人)

 

 

 

 

 

 

寒い?人口が少ない?そんな町で11ぴきのねこが愛される理由

みんなで力を合わせる団結心がテーマの絵本、11ぴきのねこ。そのメッセージ性そのものが実は三戸町の人々に息づく心なのです。人口が少なくても、寒い地域でも、みんなで11ぴきのねこのように協力しあおう。

そんな努力の結晶こそ、

 

三戸町のおいしい作物の数々なんです。

https://twitter.com/Sannohe_Nyago/media

私たちが忘れかけている大切な何かがこの町にある気がしませんか?

 

だから、

三戸町に行ってみたい。  

(写真筆者友人)

    「三戸町に行ってみたい!」と思ったら記事をいいね!&シェアして三戸町を紹介してください!