Sannohe TABI-KIJI Contest 2017

『たくさん紹介してくれてありがとう賞』 入賞者決定!
(このページは一覧をランダム表示しています。)

『たくさん紹介してくれてありがとう賞』の結果は三戸町旅ライティングコンテスト 結果発表ページをご覧ください。

■『たくさん紹介してくれてありがとう賞』とは?

一次予選にご応募いただいた記事のうち、本特設サイト上での一般公開にご了承をいただいた記事を対象とした賞です。
2017年9月15日〜2018年1月30日までの期間中に、Facebookの「いいね数」と「シェア数」、およびTwitterでの「ツイート数」の合計値が多い記事をご投稿いただいた応募者上位10名の方に、三戸町のPRにご協力していただいた感謝の賞を送ります。

一次審査の記事を読む

公開中のすべての記事の中からランダムで表示されます。

記事一覧を見たい方は一次審査 記事一覧ページからご覧いただけます。

中国へ売るにんにく新商品を開発したい

三戸町のにんにくを中国へ売りたい   私は昨年まで13年間中国で生活していました。 ずっと中国で生活をしていると、香辛料の味に詳しくなっていきます。 山椒、生姜、唐辛子、ニンニク、これらを絶妙の配分で組み合わせ

知らない土地の愛し方

「地域の良い所なんてどこもだいたい同じ」 そう言い切った人がいた。確かにそうかもしれない。 地域、地方、田舎…「都市でない場所」の良い所はだいたい、自然、食べ物、文化、地縁の4つに代表されると思う。 詳しく見ていけばそれ

だから、三戸町に行ってみたい。

三戸町に行ってみたくなった理由は二つある。 一つは俳句を詠んでみたいからだ。 俳句を始めて6年余りになる。当初は月に一回が精一杯だったが、いまでは月に4〜5回の句会を楽しんでいる。10〜40名ほどの人が集まり、自分の句を

だから、三戸町に行ってみたい

38年の人生の中で『三戸町へ行ってみたい』と、思ったことは一度もない。と言うか三戸町とはどこなのか?この『ライターコンテスト』は私にそう思わせ、青森県三戸町についてネットで検索させたのです。調べてみてわかったことは、岩手

三戸に行くっきゃない!このタイミング

 私、ただいま北海道は富良野のキャンプ場でバイト中です。たまたま休憩時間に、フェイスブックを見たら、トップにこのコンテストが出ていたので、行くしかない‼書くしかない‼と思って応募しました。  青森行ってみたいです。三戸聞

「観光」より「旅」に向いている町。青森県三戸町は、”古き良き日本”と”旅の原点”に帰る場所

この町はただ見物するだけの「観光」には向いていない町だ。   青森県の南端にある三戸町は、人口約1万人の小さな町。 他の地域に比べて際立つような「名所」はないし、特段おいしい「料理」があるわけでもない。 でも、
1 2 3 14