Sannohe TABI-KIJI Contest 2017

『たくさん紹介してくれてありがとう賞』 入賞者決定!
(このページは一覧をランダム表示しています。)

『たくさん紹介してくれてありがとう賞』の結果は三戸町旅ライティングコンテスト 結果発表ページをご覧ください。

■『たくさん紹介してくれてありがとう賞』とは?

一次予選にご応募いただいた記事のうち、本特設サイト上での一般公開にご了承をいただいた記事を対象とした賞です。
2017年9月15日〜2018年1月30日までの期間中に、Facebookの「いいね数」と「シェア数」、およびTwitterでの「ツイート数」の合計値が多い記事をご投稿いただいた応募者上位10名の方に、三戸町のPRにご協力していただいた感謝の賞を送ります。

一次審査の記事を読む

公開中のすべての記事の中からランダムで表示されます。

記事一覧を見たい方は一次審査 記事一覧ページからご覧いただけます。

猫とリモートワークと私

突然ですが、私の好きなものは猫。本物の猫はいざ知らず、数々の猫キャラクター収集も趣味の一つ。そんな中、三戸町に懐かしい猫キャラクターを見つけました。それは、「11ぴきのねこ」。現在30代後半の私が子どものころに、地元のテ

住宅付き+猫とビールとコナモンの町

もしも三戸町(さんのへ)に行けたなら。 (写真:青森県三戸町WEBより) アップルドームほのぼの館「馬場のぼるの部屋」で絵本を読み 11ぴきのねこバスに乗って町の中で「11ぴきのねこ」探し。 10月末までに伺って11ぴき

現場主義

まずはこういう面白い企画をする町に強く興味を魅かれました。 三戸には行ったことがないので、どういう町なのだろうかということもボクの好奇心をくすぐったのです。 何でもあるけど、何にもない。 期待通りだったり、期待を裏切った

あなたにしかない、三戸町の”ひととき”を1枚パシャリ。

あなたはどんな旅をしていますか?   有名な観光スポットを巡る旅? その都道府県の名産品を食す旅?   きっとあなたが旅をするとき、何かしらの目的がありますよね。   名産品を食べて、「おい

大切な思い出の土地。しっとりした町の魅力を伝えます

八戸で育ち、八戸を離れてもう30年が経ってしまった。 旅の仕事を中心に、編集、プロモーション・商品企画など様々な経験をしたけれど、いつも根っこにある、生涯かけてやりたいことは今も昔もただ一つ、「目立たない地域の魅力を伝え

だから、三戸町に行ってみたい。

三戸町に行ってみたくなった理由は二つある。 一つは俳句を詠んでみたいからだ。 俳句を始めて6年余りになる。当初は月に一回が精一杯だったが、いまでは月に4〜5回の句会を楽しんでいる。10〜40名ほどの人が集まり、自分の句を
1 2 3 14